vライン脱毛を初めてサロンで行う時の心得

カウンセリングは大切

サロンで脱毛をする際には、部位に関係なく、必ずカウンセリングが行われます。
ほとんどの場合無料で、価格や所要時間、処理方法などの説明があります。
この時に、不安に思っていることや、疑問に思っていることがあれば、小さなことでも聞いておくことが大切です。
カウンセリング時以外でも質問することはできますが、施術が始まるとなかなかじっくり話をすることは出来ません。
そのため、このカウンセリングの時間は大切になってきます。
サロンによって、前日までの自己処理が必要だったり、剃り残しがあるとその部分が処置してもらえなくなります。
またvラインのゾーンもサロンによって異なります。
サロンごとにvラインな範囲を示すシートなどが用意されていて、その形にそって脱毛されていきます。
この時プレートの上部分は、vライン対象外の場合もあります。
この場合、高さを削るには他の契約をしなくてはならないので、自分の目指している形をきちんと伝えておきましょう。
また丸型や逆三角形など、形も様々です。
形を変えるのにも別料金がかかる場合があるので、事前に確かめておきましょう。
脱毛は長い期間通うものです。
質問してもきちんと答えてくれる、信用出来る場所を選びましょう。

コンディションを整えておくことが重要

初めてvライン脱毛に行くときはとても緊張すると思います。
あまり人に見せる部分ではないため、恥ずかしく感じる人もとても多いです。
しかし、多くの場合vライン脱毛をする際には、専用の紙ショーツを穿いて、施術箇所のみが出るような状態になっています。
もちろん施術室までは、バスローブやタオルを着用するので、他の人の目も気になりません。
ただし、場所によっては着替えが共同ロッカールームの場合があるので、初めて行く時には特に、着替えがしやすい格好の方が良いでしょう。
施術中の不安としては、痛みです。
これには感じ方に個人差が大きいため、実際にやってみなければ分かりません。
初めての場合は特に毛も濃く太いので、より痛みを感じやすいです。
しかし、徐々に毛が少なく細くなっていくので、それに比例して痛みも軽減していきます。
デリケートゾーンは肌が弱いので、施術後に温めたり激しい運動をして、体温を上げてしまうと、痒みが出ることがあるので、注意しましょう。
また、生理中の施術は出来ません。
脱毛サロンは予約が必須です。
ネット予約が可能な所もあれば、電話予約や、施術終わりに次回の予約を取っていく所など、様々です。
しかし、生理中の施術が出来ないので、予約日は慎重に選びましょう。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.